長距離 引越し料金※引越しで損しないために

長距離 引越し料金で引越しで損しないために

長距離引越しイメージ

 

まず、長距離の引越し料金に関しては一人暮らしの方でも20万円は覚悟したほうがいいです。勿論距離や引越し時期にもよりますが、料金相場では20〜28万円くらいになります。

 

予断ですが、私が東京〜沖縄間で引越ししたときは21万円かかりました。

 

実のところ一番重要なのは業者選びです。長距離引越しとなると請け負ってくれる業者は大手引越し業者に限られてくるので引越し料金はそこまで差異はないことがほとんどです。

 

なので金額の安さというよりはしっかりと丁寧に作業、運搬をしてくれる業者に任せるようにしっかりと業者選びをしましょう。

 

見極め方は簡単です。見積もりのときにお客様側から引越しを任せる条件を提示をするだけです。

 

例えば、「業務は全て社員が行う」ということを任せる条件にしたり、家財の保証確認などを行い、しっかり回答をくれるのか確認する。「絶対に追加料金が発生しないようにしてください」とあらかじめ意向を伝えておくなど。

 

これだけで業者の業務姿勢も大分かわります。

 

あとは長距離のときは同じトラックが引越し先にくるのではなく別のトラックに荷物を移してから引越し先に来ることが多いので、引越しの立会いを行った際にトラックに積んだ荷物もしっかりチェックしておいてください。

 

長距離引越しの場合は通常の引越しとは違い、家財関係にとってもお客様にとっても様々なリスクの高い引越しになるので、全部業者任せということだけはしないように注意してくださいね。

長距離 引越しをする場合、まずは見積もりから

長距離引越しイメージ

 

引越しをする場合、まずは見積もり取得が大切になります。これはどのようなものであっても、同様のことが言えます。

 

特に多くの費用が発生する者の場合であれば、なおさら、複数の業者から見積もりを取得しまして、比較検討していく必要があると言えるのです。

 

面倒くさいからといって、一社だけの見積もり取得にしてしまいますと、一社の業者が言ってきた金額が、そのまま請求金額になってしまったりするわけです。

 

それでは、基本的な考え方としては、業者のいい値で完結してしまうことになります。ですから、複数業者の見積りは必要になってくるわけです。

 

大手の業者を中心として見積り取得をしていくのが良いわけですが、業者によっては見積りを取得するだけでも、何か特典をつけてくれたりします。

 

このような業者はとても魅力的になってきます。仮に契約を交わさなかったとしても、特典をもらうことができてしまいますので、それだけで見積りを取得したメリットとなるのです。

 

また、最終的に契約をすると、特典がもらえるようなところもあります。

 

このような条件につきましては、あらかじめ、引っ越し業者のホームページを確認してみたり、直接、電話連絡をして内容を確認してみるのが良いです。

 

もちろん、最終的には引っ越しをするための業者選びになりますので、特典だけで満足していては仕方ありません。

 

業者選びの決め手としては、金額、サービスになります。サービスはとても重要です。

page top